各種コーティング(超硬ダイ、パンチ、プレス型)

超硬やスチールの製品の表面に施す各種コーティングについてもご相談ください。

コーティング(表面処理)の概略とそのメリット

弊社超硬製品に各種コーティングを施すことによりさらなる耐摩耗性の向上、長寿命化、焼き付き防止を図ることができ、費用対効果が大幅に向上します。また、交換の頻度がさらに下がることになるので生産性が大きく改善します。母材の靱性を保ったまま表面だけを硬化させることができるという利点もあります。効果を最大限に発揮させるには、用途により以下の各蒸着法、コーティングの種類を適切に選択する必要があります。ぜひごお問い合わせください。

一般的なコーティング法

  • PVD(物理蒸着)
  • CVD(化学気相蒸着)

代表的なコーティングの種類(膜材質)

  • TiN (窒化チタン)
  • TiC (チタンカーバイド)
  • TiCN (窒化チタンカーバイド)
  • TiAlN(窒化チタンアルミ)
  • DLC (ダイヤモンドライクカーボン)

最近では特に耐摩耗性、耐熱性に優れた AlCrN (窒化アルミクロム、アルクローナ)のコーティングが多く使われるようになっておりお勧めしております。